イチロー引退で俳優に転身・NHKでデビュー?懐かしい古畑任三郎動画や名言も

スポンサーリンク

プロ野球選手を引退したイチロー選手。

イチロー選手の今後が注目されていますが、各テレビ局でイチローさんの争奪戦が始まっているそうです。

今回はNHKからのオファーが噂されている俳優へ転身はあるのか?

過去に出演した、懐かしい『古畑任三郎』の動画やイチローさんの名言について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

イチローさんが出演した古畑任三郎の動画

俳優としてのオファーが来ているイチローさんは、過去に俳優として『古畑任三郎』のドラマに出演しています。

懐かしい動画をご覧下さい。

まずは予告動画
↓ ↓ ↓

【貴重!】俳優イチローの懐かしい「古畑任三郎」予告編!(フジテレビ)


こちらがイチローさんが殺人犯役として出演した古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者」の本編
↓ ↓ ↓

古畑任三郎 イチロー

イチローさんがイチロー選手を演じた『フェアな殺人者』

脚本を手がけた三谷幸喜さんはこの様に語っています。

本人役を演じるというプランはイチロー自身が強く提案したというが、脚本を手がけた三谷幸喜さんは「殺人者ではあるんだけど、事件そのものはイチローさんの方に理があるというふうにしたかった。そこから逆算して、『フェアな殺人者』というタイトルになりました」と、その内幕を振り返った。

イチロー出演回の視聴率は27%を記録したそうです。

ネット上では、イチローさんの俳優への転身を望むファンのメッセージがツイートされています。




NHKからの俳優オファー

イチローさんの元には、情報番組やスポーツ関連番組以外にもさまざなオファーが舞い込んでいるそうです。

中でも注目を集めているのが俳優としてのオファー。

「来年放送される長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に石田三成役でのオファーが行っているという話があります。他にも木村拓哉と共演する映画企画も浮上しているようです。

石田三成とはどんな人物なのか?

石田 三成(いしだ みつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。豊臣家家臣。佐和山城主。
豊臣政権の奉行として活動し、五奉行のうちの一人となる。豊臣秀吉の死後、徳川家康打倒のために決起して、毛利輝元ら諸大名とともに西軍を組織したが、関ヶ原の戦いにおいて敗れ、京都六条河原で処刑された。

かなりの大物ですね。イチローさんに俳優のオファーをするのですから、コレくらいの役柄は当然ですね。

イチロー選手が語った名言集

イチロー選手引退会見で語った名言集を紹介します。

今日をもって元イチローになる

「元イチロー」「いやイチローだし僕」

ユーモアーのある名言ですね。

引退会見では以下の様なイチロー名言が飛び出しました。

「おかしなこと言ってます?」
「ここではちょっと言えないな~」
「裏で話そう」
「妻におにぎり3000個握らせたかった」
「左ピッチャーの先発は変わってる子が多い」
「野球の魅力は団体競技だけど個人競技なところ」

イチロー選手名言 「結果を残すだけではつまらない」

イチロー選手が「結果を残すだけではつまらない」と名言を語った動画こちらです。

【イチロー】 名言 「結果を残すだけではつまらない」

イチロー選手名言 「結果を残すだけではつまらない」について以下のように語っています。

プロ野球選手ってホームラン何本、ヒット何本、打率何割というもので自分を示すものではない。

いかに見ている人がハッとするとかすげーなーと思うとか、成績とは別のところでそういう感情を抱かせることって成績を残す以上に大事だと思う。

こういうことって、結果を残すためだけに立ち向かっていたら達成出来ない。

イチロー選手は成績だけでなく、観客を驚かせることも考えてプレーしていたのですね。「結果を残すだけではつまらない」

とてもおもしろい視点だと思います。

イチロー選手名言 本来のバランスを崩しちゃダメ

イチロー選手はオフで筋トレをして体を大きくしてシーズンに挑んでいた時期があったそうです。

数年してオフで筋トレで体を大きくすると、動けないことがわかったそうです。

筋肉をつけると体を動かない⇒シーズン中で筋トレが出来なくて体が小さくなる⇒スイングスピードが上がる

このことがわかり筋トレをやめたそうです。

イチロー 名言集

まとめ

現役プロ野球選手を引退したイチロー選手。

今後の進路が気になりますね!

今回は、イチローさんへの俳優のオファーやについて見ていきました。

古畑任三郎で演じたイチロー選手役も見事でした。
来年放送されるNHKの大河ドラマの『麒麟がくる』に石田三成役楽しみですね!

NHKのオファーを受けて欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする