吉田啓祐(よしだけいすけ)水泳の成績や経歴!出身中学や進学先大学も【ミライモンスター5/12】

スポンサーリンク

こんにちは、sukesunaです。

吉田啓祐選手は、高校3年生でオリンピック金メダリストの萩野公介選手を破った競泳の期待の星です。

現在、高校三年生のスーパー高校生吉田啓祐選手の進学先なども、気になるところですね。

今回は吉田啓祐さんの競泳の経歴と今後の進路について調べてみました。

「吉田啓祐」の画像検索結果

吉田選手のプロフィール

名前:吉田啓祐(よしだけいすけ)
生年月日:2000年4月17日
出身地:佐賀県唐津市
身長:182cm
体重:82kg

自身のツイッターでは、『日大豊山⇨日本大学』このように表記されているので、日本大学に進学されたと思います。

吉田選手の武器といえば、182センチと恵まれた体格と長い手足からなる推進力だと言われています。

前回も、ミライモンスターに吉田選手は出演されました。たくましい体で、優しそうな吉田選手の姿がありました。今回は、どんな吉田選手の姿が見れるのか、楽しみです!!

日本大学と言えば、白血病を公表した池江璃花子選手も進学されるようですね。

同年代なので、どちらの選手にも躍進してほしいですね。。。

吉田選手の経歴は?

吉田啓祐さん経歴を紹介していきます。

吉田選手は2015年に中学総合体育大会で新記録を出します。
男子400m自由形で4分5秒52の大会新記録を叩き出し、
1500mの自由形と2冠を達成。。。

このころから、才能の片鱗が見えていたんですね。

2018年ブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックに出場。
・200m自由形 1分48秒75(5位)
・400m自由形 3分48秒68(銅メダル)
・800m自由形 7分53秒85(銀メダル)

800mは日本高校新記録を達成。

2018年11月の北島康介杯にも出場します。
・200m自由形 1分47秒02(1位)
・400m自由形 3分48秒51(1位)
・1500m自由形 15分23秒40(2位)

200m日本高校新記録達成。

総括してみてみると、大会に出るごとに、自己ベストか大会新記録を打ち出しています。本当に、才能も有りますが、竹村監督の元でしっかりと努力をしているからこそ、超人的な記録が出せているのかもしれませんね。

吉田選手の出身中学や水泳をやめていた理由は?

「吉田啓祐 ミライモンスター」の画像検索結果

吉田選手は、健康のために4歳から水泳を始め、中学は佐賀の地元の中学に進学されています。日大豊山は高校生になって、上京して入学されました。

吉田選手は、一度水泳をやめていた時期があったらしく、その理由としては実家の農家を継ごうと考えていたらしいです。

何度も日大豊大のスカウトがあったようですが、この理由から断り続けていたそうです。しかし、恩師の竹村監督と出会い、両親の反対を押し切って上京したということらしいです。

いやー、竹村監督との出会いがなかったら今の吉田選手はないのかもしれませんね。

吉田選手のSNSなどを見ていると、本当に勝負の世界で、競泳の事ばかりですね。吉田選手は競泳に関してストイックな性格だろうと思います。ストイックでなっかたら、こんなにもすごい記録は出せないかもしれませんね。

まとめ

今回は、ミライモンスターに出演される吉田啓祐選手について紹介させてもらいました。

ぜひ、大学でも成長して、五輪オリンピックに出場してもらいたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする