ピエール瀧|売却する自宅の相場&値段は?場所や住所も調査!

スポンサーリンク

麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧被告の判決が懲役1年6月、執行猶予3年と決定しましたね。

賠償金は芸能界最大の5~6億ともいわれています。

ピエール瀧被告は周囲に自宅を売るしかないと漏らしていることから、
このような大きな報道になりました。

そこで、

・ピエール瀧被告の自宅の場所や住所はどこ?

・ピエール瀧被告の自宅の相場や売却価格の値段は?

・ネット上の反応

について見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

ピエール瀧被告の自宅の場所や住所はどこ?

ピエール瀧被告の自宅の場所は、世田谷区の三軒茶屋とか松陰神社という噂が流れています。

目撃情報が飛び交っていますね。

ピエール瀧被告の自宅ですが、
この様にテレビの取材で自宅回りの景観が映っていて、
住所の特定も簡単でした。

こちらがピエール瀧被告の自宅の画像です。

写っている車はキャデラックですね。

住所は世田谷区世田谷というところまでにしておきましょう。

それにしても大豪邸ですね。

ピエール瀧被告の自宅の相場はいくらくらいなのでしょうか?
売却するとしたら、相場+@があるのでしょうか?

ピエール瀧被告の自宅の相場や売却価格の値段は?

ニュースサイトによると、ピエール瀧被告の自宅は11年前に土地と建物を合わせて3億7000万円くらいで購入しているとのこと。

オリンピックの影響で、東京都の土地はバブル状態らしいので、11年前と比較して価値や相場は高くなっている可能性があります。

自宅を売却すれば3億円とも言われている賠償金も支払えるかもしれませんね。

ネット上の反応

ピエール瀧被告が自宅を売却して賠償金を支払うという報道に対してネット上の反応を聞いてみました。

当然の選択だと思う。それだけの金銭的な責任はピエール滝被告自身で解決しなくてはいけない問題だから。
しかし、いくつかの疑問が残る。家族を養いながら、薬物依存の治療を受けるというが今までの贅沢な暮らしを失い、ストレスのない日常を送ることができるのだろうか。また家族は本当に一緒にいることを選ぶのであろうか。
薬物依存との戦いが始まる中で生活の基盤が安定しないのは更生を阻害する要因だと思う。

様々な場面に支払うお金を考えたら仕方がない事だと思うけど…それでもついていく家族はかわいそう。正直、いまは愛情で家族もついていくけどここから引き続き与えられる苦労を考えたら、手放しに「良い奥様だ」とも言い切れない気がする
それまでのピエール瀧さんのイメージや功績の元、いただいたお仕事に対する誠意がないという行動に対する賠償金ならば仕方がないことで、契約する際にわかり得たことだと思うので、自宅を売ろうが車を売ろうが仕方ないことに感じます。

資金がないのならば自宅を手放してでもお金を作るというのは当然の事だと思います。ただ、奥さんやお子さんがこれまでの生活から一変してしまうので気の毒だなと思います。でも、ピエール瀧さんを受け入れたならば仕方ない事だと思います。

賠償金の額が相当にのぼるということなので仕方ないと思います。金額的な問題と言うよりは、多方面に迷惑をかけたのに自分は今まで通りの豪華な家に住み続けると、社会の風当たりが強いので仕方ないと思います。ただ、一緒に引っ越す家族は可哀想です。

自分のやったことの後始末を自分でしっかりと背負うということとその姿を見せているのはいいのかなぁと思います。いろんなことを見つめ直すにも良いことだし 考えながら一つひとつを頑張ってほしいと思います。自分と向き合いながらしっかりと。

彼にとっては「身から出た錆」「自業自得」ですが、家族や彼の周りの関係者が可哀そうですね。彼にはそれほどの事をしていたのだと、しっかり自覚してほしいです。もう長年薬物を使用してきて、薬物に対する罪悪感なども薄れて麻痺していたのではないでしょうか。

賠償金をきちんと払うという意志は、尊重したいです。住む家がなくなったとしても、そのくらい関係者に迷惑をかけたのだから受け入れて欲しいです。ただ、安易に賠償金さえ払えばもう罪は償ったと考えて欲しくはありません。
借金があるので仕方ないのではないでしょうか。賠償金は貯金では払えなかったのかな、と疑問です。稼いでいたお金はほとんど薬に使ってしまったのでしょうか。家族がかわいそうです。しっかり自分を見つめ直してほしい。

瀧氏は、お金はうなるほど持っているだろうから、賠償額なんて簡単に払えると思っておりましたが、自宅を売って賠償に当てるとは。意外と金持ってないな。でも待って。その自宅っつうのも、億単位のたいそうな邸宅だったんでしょ。凄いなぁ。しかしまぁ、事件を起こすと、自宅の画像やら収入やら財産がばれていまってお気の毒ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする