ガイアの夜明けステーキ丼の京都佰食屋|中村朱美の大学や年収&経歴

スポンサーリンク

2019年6月25日(火)テレビ東京で放送の『ガイアの夜明け』は
『人生が変わる働き方 残業ゼロ!”幸せ食堂”物語』が放送されます。

ガイアの夜明け 【 シリーズ「人生が変わる働き方」(1) 残業ゼロ!“幸せ食堂”物語 】

長時間労働で低賃金!”ブラック”と言われる外食業界ですが、

京都にあるステーキ丼の『佰食屋』というお店を経営している中村朱美(なかむらあけみ)社長は、新たな働き方を提案すると奮起してらっしゃいます。

今回は、
京都にあるステーキ丼の『佰食屋』ってどんなお店なのか?
中村朱美社長が提唱する常識を覆す働き方とはどんな働き方なのでしょうか?
中村朱美社長の大学や年収&経歴について調査してみました。

スポンサーリンク

ステーキ丼京都佰食屋詳細と評判や口コミ

中村朱美社長が経営する佰食屋は京都市右京区の住宅街の中にあるステーキ丼専門店です。

「新鮮なものをたべて欲しいから」ということで、お店には冷凍庫を置いていないそうです。

毎日100人分の食材を仕入れて、それを100人に提供し使い切ることで新鮮で作りたてのおいしいお料理を提供してくれるお店です。

しかも材料は、無添加・無化学調味料。

1日100食限定なので『ひゃくしょくや』という店名になんですね。

佰食屋の評判と口コミ

佰食屋の詳細とアクセス

住所 京都市右京区西院矢掛町21シュール西院1F
営業時間 11:00~14:30
定休日 水曜日
電話番号 075-322-8500
駐車場 なし

アクセス

阪急『西院』駅より徒歩5分 佐井通り沿いの1F

中村朱美社長が提唱する常識を覆す働き方とは

長時間労働、低賃金…“ブラック”と言われる外食業界。
そんな中、中村朱美社長は新たな働き方を提案しました。

それは、社員の”残業ゼロ” “好きな日に休める”などを実現。

その最大の理由は「1日100食限定」。売り上げを増やすことを追求せず、あえて客に提供する数を限定することで、働き方改革を可能にしました。

そして、オーナーの中村朱美さんは、新たなビジネスモデルを模索していた。それは、「1日6時間労働」で「年収600万円」を目指すというもの。

彼女はステーキ丼店の他にもすき焼き店や肉寿司店と3店舗を経営しています。

中村朱美社長の大学や年収&経歴

名前 中村朱美(なかむら あけみ)
生年月日 1984年
年齢 34歳
大学 京都教育大学
職業 佰食屋オーナー

中村朱美は京都生まれの京都育ちです。

京都教育大学大学を卒業後は、専門学校の事務職として働いていました。
26歳の時に結婚して2人の子供に恵まれました。

その後、経営者になれば自分で自分のルールが作れると考え、飲食店で働いた経験がゼロでしたが、結婚前、今の夫が作ってくれたステーキ丼が、とても美味しかった経験から、
ステーキ丼の専門店をオープンしました。

最初はお客さまが来ない日が続きましたが、試行錯誤を重ねて次第にその味と価格の安さが話題になり現在では連日超満員の人気店となりました。

経験0から飲食店を立ち上げて人気店にするまでは相当の努力があったのではないでしょうか?

私のぜひ佰食屋のステーキ丼を食べてみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする