G20大阪サミット2019でトランプ大統領宿泊ホテルや警備の影響は

スポンサーリンク

2019年大阪で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)がいよいよ2019年6月28日に開幕しますね。

【ザ・解説】G20って何するの 過去最大の首脳級会合、三つの焦点

参加国の首脳らが27日朝から次々関西空港に到着しています。

大阪市内を中心に大規模な交通規制も始まるなど、「本番ムード」が高まり、ピリピリムードとのことです。

今回は、
アメリカのトランプ大統領の宿泊先ホテルはどこなのか?
警備の影響で、大阪の街はどのような状況なのでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

アメリカトランプ大統領の宿泊先ホテルはどこ

アメリカトランプ大統領が宿泊するホテルは、帝国ホテル大阪のようです。

報道によれば、トランプ大統領は日本時間の6月27日(木)午前2時にワシントンを出発し、19時に伊丹空港に来日します。そして伊丹空港から
ヘリコプターで帝国ホテルに移動するようです、

帝国ホテル大阪にはヘリポートがあるそうです。

帝国ホテル大阪の屋上のヘリポート
↓ ↓ ↓

ヘリポートがあるのは、トランプ大統領の宿泊先を決める一つの決め手になった可能性はありますね。

G20大阪の警備の影響で、大阪の街はどのような状況?

G20大阪の警備の影響で、大阪の街はどのような状況なのでしょうか?

ネット上の声を集めてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする