スリムクラブに闇営業依頼の別の芸能事務所の芸人は誰?今後の謹慎処分者は誰?

スポンサーリンク

吉本闇営業事件で吉本興業から活動禁止処分(謹慎処分)となったスリムクラブ。

スリムクラブは処分が決まってしまいましたが、スリムクラブに闇営業依頼の別の芸能事務所の芸人は誰なのでしょうか?

今後の謹慎処分者は出てくるのでしょうか?

スポンサーリンク

スリムクラブの闇営業関連記事

スリムクラブの闇営業関連記事です。合わせて読んでみて下さい!
↓ ↓ ↓

スリムクラブに闇営業依頼の別の芸能事務所の芸人は誰

スリムクラブの2人は3年前、所属する吉本興業は通さずに営業に行ったといいます。別の芸能事務所の芸人から「飲食店のオーナーの誕生会」と誘われたそうで、「反社会勢力とは知らなかった」と説明しています。

この別の芸能事務所の芸人とはいったい誰なのでしょうか?

報道ではものまね芸人のBとされています。

Twitter上ではこのようなツイートがありました。

仲介役の芸人Bとは松山千春のモノマネをするバンドー太郎(48)さんと特定!

報道は以下の通りです。

 

会合があったのは16年8月。それまで2回の仕事を引き受けたことがあった建設会社社長に「兄の誕生日会をやるので、ネタをやってほしい」と頼まれ、吉本興業所属の「スリムクラブ」と「2700」に声を掛けたという。
 その「兄」が暴力団幹部とみられる。「素性は知らなかった。会合の当日、社長に“兄です。お店を何店舗か持っているオーナーです”と紹介された。そういう風貌でもないし(暴力団幹部とは)知らなかった」と繰り返した。社長とはその会合以前に一般人のイベントで仕事をした際に知り合ったという。
 スリムクラブとは数年前に営業先の京都で顔を合わせた。バンドーは事務所に入らずフリーで活動しているため、スリムクラブから「仕事が少ないので何かあったら声を掛けてください」と頼まれ、「闇(営業)大丈夫なの?」と確認したところ、問題ないとの意思表示があったという。「2700」の常道裕史(36)とはスリムクラブより以前から面識があった。
 初めて誘ったのが問題となっている会合だ。反社会的勢力とは知らずに参加し、2組とも無期限謹慎処分となったことに「闇営業は悪いことだと思っている。こんなことになって、スリムクラブにも2700にも申し訳ない」と謝罪した。
 ただ「これだけは分かってほしい」と声高に訴えたのが自身も“被害者”とする点だ。「僕は反社会的勢力とのつながりはありません。例えば10回営業があって、お客さん100人のうちに1人でも(反社会的勢力が)いたら、このような問題になってしまうのか。僕だって車で走っていて後ろからぶつけられた感じ。もらい事故のようなものです」と強調した。

今後の謹慎処分者は誰?世間の意見

今回は吉本興業という有名事務所+有名芸人さんだから大々的なニュースになってますが、おそらく他の事務所でも、別ジャンルの芸能人さんでも少なからず起きている問題のように思えます。お笑い芸人以外のジャンルでも、同様な闇営業をしている有名芸能人さんがいるのではないかと… 。

結局誰に誘われて、どのような経路で今回明るみに出たのかということです。ほか、最近の一連の流れは3年も前なのに、なぜ今頃暴露されたり、処分されたりするのかということです。この間何もなかったのか気になります。

有名芸能人はあらかた処分されちゃうんじゃないですか?あの有名な演歌歌手の北島三郎も暴力団の会合で歌って活動自粛を余儀なくされた上に、紅白辞退したんですよ。

こうなってくると、次から次へと活動停止の芸人さんが増えてくるのではないかと私は思います。つい最近のニュースではなく、何年か前の出来事だったという事が大半だからです。

人のよさそうなスリムクラブだったので、まさかと思いました。芸人さんの上下関係は厳しく、先輩から言われたら断れないと、テレビで言っている芸人さんがいたので、少し可哀そうに思いました。まだまだ、これからも闇営業の何人か芸人さんが出てくると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする