山戸結希映画監督の評判はわがまま?高校&大学や年齢・経歴プロフィールも

スポンサーリンク

若手俳優が出演熱望する青春映画の名手と言われている若手映画監督の山戸結希さん。

映画『溺れるナイフ』など人気作や、有名アーティストのMVも手掛ける等、若い世代を中心に人気を得ていて活躍の場を広げていることから注目が集まり、7月2日放送フジテレビのセブンルールにも出演。

そんな山戸結希監督の高校や大学、年齢など経歴プロフィールネット上での評判についてみていきます。

スポンサーリンク

山戸結希監督の大学や年齢など経歴プロフィール

山戸結希監督の経歴プロフィールを見てみましょう。

本名 山戸 結希
生年月日 1989年
出生地 愛知県刈谷市
大学 上智大学文学部哲学科卒業
ジャンル 青春映画
活動期間 2012年 –
所属事務所 研音

山戸結希監督は本名も同じく山戸結希さん。年齢は30歳と映画監督としては超若手の部類に入りますね。

刈谷市立依佐美中学校在学中は読書を好み、特に哲学的なものを読んでいたそうです。

愛知県立豊田西高等学校から上智大学文学部哲学科に入学、卒業なさっています。

大学では倫理学を専攻し大学3年の時には映画研究会に所属し、撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』が評価され第24回東京学生映画祭で審査員特別賞を受賞しています。

山戸結希監督の評判はわがまま?

インターネットで《山戸結希》と検索すると《わがまま》というキーワードが出てきます。

山戸結希監督の評判はわがままなのでしょうか?

調べてみましたが、山戸結希監督の性格はわがままという評判は出てきませんでした。

きっと、映画撮影中にNG連発とかがあった時の評判なのでしょう。

映画撮影では、妥協しないのは当然、山戸結希監督の性格はわがままという評判はいわれのない事といえるでしょう。

まとめ

山戸結希映画監督の高校&大学や年齢・経歴プロフィールやわがままという評判について見ていきました。

若者のハートを鷲掴みにしている山戸結希監督の今後の作品を楽しみに期待しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする