サニブラウン・アブデル・ハキーム苗字と名前は?父母(両親)国籍も

スポンサーリンク

2020年東京オリンピック陸上短距離(陸上100m、200m、4×100mリレー)のメダル候補選手のサニブラウン・アブデル・ハキーム選手に注目が集まっています。

今回はサニブラウン・アブデル・ハキーム選手の

・プロフィール

・どこからどこまでが名前でどこからどこまでが苗字なのか?

・お父さんとお母さんの国籍

について紹介します。

スポンサーリンク

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手のお父さんとお母さんの国籍

サニブラウン選手のお父さんはガーナ人、お母さんは日本人のハーフです。
国籍は日本。

サニブラウン選手は両親であるお父さんの国籍のガーナかお母さんの国籍である日本のどちらかを取得する事ができましたが、生まれも育ちも九州の福岡であることから日本を取得したようです。

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手はどこからどこまでが名前でどこからどこまでが苗字なのか?

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手はどこからどこまでが名前でどこからどこまでが苗字なのか?調べてみました。

苗字→サニブラウン
ミドルネーム→アブデル
名前→ハキーム

日本では、ミドルネームの『アブデル』は省くことが多いようですね。

サニブラウン選手のプロフィール

サニブラウン選手のwikiプロフィールを紹介します。

フルネーム サニブラウン・アブデル・ハキーム
ラテン文字 Abdul Hakim Sani Brown
愛称 ハキーム
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
大学 フロリダ大学
生年月日 1999年3月6日(20歳)
出身地 福岡県北九州市
身長/体重 188cm/83kg
コーチ マイク・ホロウェイ

サニブラウン選手は、福岡県北九州市出身。

ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ。父親はガーナ人でサッカーの経験があり、母親は100mとハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経歴を持っているアスリート一家なんですね。

サニブラウン選手の得意種目は短距離走。

100mでは日本歴代1位。また、200mでは日本歴代2位60mでは日本歴代1位タイ記録を持っています。

サニブラウン選手の好きなところ気になるところ応援メッセージ

サニブラウン選手は、100m、200mともに、東京オリンピックの参加標準記録を突破していて、成長真っ只中といった感じがとても気になっています。そして、走る度に、進化している感じがします。

改善すべき点なども自分でわかっていて、着実に対応してきているところが今後期待できる理由です。

サニブラウン選手は、9秒台を二回も出しているので本物なんだと思います。

先日の日本選手権でも二冠を取ったりと今の日本の陸上競技界を引っ張っていくエースそのものだと思います。

オリンピックでどういった活躍をするのかとても楽しみです。

アメリカに拠点を移してから、記録がどんどんと良くなっています。
肉体改造も進み、100mでは、9秒台の記録を何度も出してくれています。
しかも、まだ成長途中といった感じで、スタートをもっと改善できれば、
今後ものすごい記録が出るのではないかと期待しています。

今はアメリカに拠点を置いていますがそれが記録が伸びている理由だと思います。
高校の時から凄かったですがアメリカにいって一皮も二皮も向けたように思います。
日本記録保持者でもありますがこれからどんどん自分の記録を塗り替えていくと思います。

東京オリンピックに出場して、100m、200mともに、ぜひ、決勝進出を目指して頑張って欲しいです。

もちろん、メダルを期待しています。あと、できれば、リレーのメンバーとしても活躍して金メダルを取って欲しいです。

どんどん成長していく姿に驚いています。きっとオリンピックでは日本人として100メートルで初のメダルを取れるのではないかと期待しています。応援しています、頑張ってほしいです。

【まとめ】サニブラウン・アブデル・ハキーム苗字と名前は?父母(両親)国籍も

2020年東京オリンピック陸上短距離で金メダルの期待が高まっている、

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手の

苗字はサニブラウン、ミドルネームはアブデル、名前はハキーム

ということがわかりました。

また、ご両親ともに日本に住んでいて、
お父さまはガーナ人
お母さまは日本人
ということがわかりました。

サニブラウン選手は日本国籍を取得しています。

大注目のサニブラウン選手はぜひ東京オリンピックで金メダルをとってほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする