荒ぶる季節の乙女どもよ。|第四話のあらすじネタバレ感想【2019夏アニメ】

スポンサーリンク

ついに荒ぶる季節の乙女どもよ。も四回目をむかえました!!

過去の青春の傷口をえぐるような内容のアニメとして知られる荒ぶる季節の乙女どもよ。私たちはもう一ヶ月も傷をえぐられ続けているのです!!

いま、青春まっただ中の人も是非ごらんください!!

それでは第4話です!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。第4話のあらすじネタバレ

やぼったいお下げ髪をやめて、登校した曾根崎さん。。。クラス中の注目の的である。あまりにも美少女であったからだ。。。

いままで絶対に曾根崎さんに話しかけてこなかったような、金髪のギャル風のクラスメイトが大声で好意的にまくし立てる。十条園絵である。でもこのギャルはなんとなく純粋なただ単にいい人にも見えた。。。

で話の内容が天城と曾根崎がお互いに好きではないのかということにまで発展してしまっていい迷惑である。

しかしながら、この辺も学生あるあるだなあとしみじみしてしまった。

で、曾根崎さんは当然のごとく立ち上がって、こんな軽薄な男を好きになるわけがないと叫んでしまう。。。

天城も、その場をとりつくろって、学生らしからぬまわりにへの配慮をしてみせるのであった。

しかし、曾根崎さんは自分がキレイになったとたんに、態度を変化させるクラスメイトたちに疑問を感じていた。。。

天城は休み時間に弁明をはかる。天城は思わず実質的に告白のようなものをしてしまう。それに驚いた曾根崎さんは天城に、自分のどういうところが好きなのかとレポート50枚を要求するのであった。。。どいつもこいつもめんどうな人ばかりであるが、これもまた青春であろう。。。

いっぽう、和紗は泉に、泉が自分のことをこれっぽっちも性的な感情を持ってみていないという発言を受けて、逆にへこんでいた。

そんな和紗をみて、百々子と菅原さんにも意識の改革が芽生えはじめていた。

で、強い子のミロことミロ先生と本郷ひと葉である。

ミロ先生はすでに開き直っていて、本郷ひと葉の詰め寄りにもなんなくかわしてみせる。

ミロ先生は以外にも女子高生にまったく興味がないらしい。本当に意外である。

しかし、本郷ひと葉が自身の文章を否定されたことで逆上して、ミロ先生に馬乗りになる!!

ふとわれに返ったひと葉は泣き崩れるのであった。。。

和紗は家に帰ると、自分はえっちい目で泉に見られたいんだ!!と決意する。

百々子はあまり遊んだことのないメンバーにカラオケに誘われて困惑していた。

しかし以前から百々子のことを気にかけていた杉本くんに声をかけられたLINEを交換する。

それぞれがそれぞれの恋への一歩を踏み出そうとしていた。

次の日、十条さんにまた声をかけられる曾根崎さんだったが、自分とあまりにも正反対すぎる十条を拒絶してしまうのであった。

屋上にでた曾根崎さん。しかしまさかの50枚レポートを書いてきたという天城があらわれた。。。

荒ぶる季節の乙女どもよ。第4話の感想

髪型変えてクラスメイトたちにからかわれるって、マジで学生あるあるだよな。。。自分も小学校のときを思い出して、自分を戒めてしまいました。多分全国の視聴者たちも同じように感じただろう!!

ストーリーは本当に五者五葉でそれぞれの恋模様から目をはなせなくなってきましたね!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。の見逃し配信などについて

現在、マガジンポケットで原作マンガが一巻分無料配信されています!この機会に読んでください!!

放送局はMBS、TBS、BS-TBS、AT-Xなど、ネット配信はdアニメストア、AbemaTV、TVer、MBS動画イズム、dTV、Amazonプライムビデオ、ニコニコチャンネル、FOD、Amazonビデオ、ビデオマーケット、music.jpなど多数媒体で配信中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする