仮面ライダーバルキリーのスーツアクター(中の人)は誰?プロフィールも

スポンサーリンク

9月より放送開始となった「仮面ライダーゼロワン」ですが、第3話では2話の仮面ライダーバルカン登場に続き、仮面ライダーバルキリーが登場となります。

仮面ライダーバルキリーは刃唯阿(井桁弘恵)が変身する女性ライダーで、話題となっています。

では、実際に仮面ライダーバルキリーのアクションを行う重要な存在「スーツアクター(中の人)は誰なのか?」も気になりますよね!

そこで今回は、「仮面ライダーバルキリーのスーツアクター(中の人)は誰なのか?」について紹介していきます。

プロフィールやその他の活躍などについても紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

仮面ライダーバルキリーのスーツアクター(中の人)は誰?

注目の仮面ライダーバルキリーのスーツアクター(中の人)は、細身の体格で仮面ライダーシリーズでの女性型怪人のスーツアクターを多く務めている藤田 慧(ふじた さとし)です。

数多くの作品に出演しているアクション俳優の藤田 慧さんの演技とても楽しみですね!

藤田 慧(ふじた さとし)さんのプロフィール

ここでは、藤田 慧(ふじた さとし)さんのプロフィールを紹介していきます。

藤田 慧さんは、1987年11月24日生まれの31歳で大阪府の出身です。

身長165cmと男性の中では低いですが、スーツアクターとして女性ライダーなどを演じる際はベストな身長です。

今回のバルキリー(刃唯阿)を演じる井桁弘恵さんは身長170cmです。

ジャパンアクションエンタープライズ所属するアクション俳優で、俳優やスーツアクターとして活動しています。

藤田 慧(ふじた さとし)さんのその他の活躍詳細

藤田 慧(ふじた さとし)さんのその他の活躍を紹介していきます。

数多くの特撮テレビドラマに出演していますが、仮面ライダーシリーズでは、2007年に「仮面ライダー電王」で学生役として出演、2009年に「仮面ライダーW」でクレイドール・ドーパント、ホッパー・ドーパント、ジュエル・ドーパントとして出演しました。

2010年には「仮面ライダーオーズ/OOO」でメズール、腕アンク(代役)、ヤミーとして出演し、同作ではライドベンダー隊隊員・飯島 役として顔出し出演もしています。

2011年「仮面ライダーフォーゼ」でヴァルゴ・ゾディアーツなどで出演し2019年の「仮面ライダーゼロワン」でのバルキリー役までの作品に全て出演しています。

仮面ライダーエグゼイド」では、仮面ライダーエグゼイド レベル1、仮面ライダースナイプ レベル1、仮面ライダーゲンム レベル1、仮面ライダーレーザーレベル3として出演し、「仮面ライダービルド」では、仮面ライダーグリスを演じました。

スーパー戦隊シリーズでも2007年「獣拳戦隊ゲキレンジャー」から2019年放送中の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」まで全ての作品で出演しています。

2015年「手裏剣戦隊ニンニンジャー」では、シノビマル、有明の方、フタクチオンナ、オオムカデ、スッパラゲ、アカニンジャーと複数の出演をしています。

映画の出演では、仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズに多数出演していますが、それ以外でも2008年に「20世紀少年 第1章」に若者 役で出演、2016年には「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」に出演しました。

その他として「スーパー戦隊ショー」やVシネマ、ネットムービーなどに出演もしています。

アクション俳優として数多くの作品に出演を果たし女性キャラクターのスーツアクターとして第一人者である超売れっ子なのが、藤田 慧さんです。

まとめ

「仮面ライダーバルキリーのスーツアクター(中の人)は誰なのか?」について紹介していきました。

いかがだったでしょうか?

バルキリーのスーツアクター藤田 慧さんのアクションシーンもとても楽しみですね!

仮面ライダーゼロワン3話放送をぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする