仮面ライダーゼロワン5話ゲストの漫画家は誰?プロフィール詳細

スポンサーリンク

9月から放送開始となった仮面ライダーゼロワンも、早いもので4話までが放送されました。

怒涛の勢いの4話までとなり盛りだくさんの内容で、5話からの展開などがとても気になります。

1話~4話までもゲスト出演者がストーリー展開の中心となっていて次は誰が出演するのかについても話題の1つとなっています。

そこで今回は、仮面ライダーゼロワンの5話で出演するゲスト出演者について紹介します。

仮面ライダーゼロワン5話では、漫画家とヒューマギアの関係という内容となるようなので、5話のあらすじも簡単に紹介し、ゲスト出演者のプロフィール詳細として、その他の芸能活動についても紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

仮面ライダーゼロワン5話あらすじ

ここでは、仮面ライダーゼロワン5話の簡単なあらすじを紹介していきます。

今回の舞台となるのは大人気漫画家の自宅兼アトリエで、或人とイズは大人気漫画である石墨に漫画家アシスタントヒューマギア(森筆ジーペン)を届けるために訪れます。

或人は、石墨の漫画の大ファンで興奮していましたが、アトリエでの石墨が森筆ジーペンや他の漫画家アシスタントヒューマギアの扱いを見て愕然とします。

石墨は自分では全く漫画を描かず、アシスタントヒューマギアたちに全て描かせて道具のように扱っていました。

それを見て或人は失望していると、またしても滅亡迅雷.netの迅が森筆ジーペンに接近し、ゼツメライザーを装着し怪人へと変身させてしまいます。

5話ではバルカンの新武器も登場、ゼロワンは新フォームチェンジを披露と盛りだくさんの内容となるようです。

見どころ満載で楽しみですね!

5話ゲストの漫画家は誰?

今回5話で、大人気漫画家の石墨超一郎を演じるのは仮面ライダーカブト』の田所の弟役や、『仮面ライダーW』でビースト・ドーパントを演じていた勝也(かつや)さんです。

漫画家アシスタントヒューマギア(森筆ジーペン)役もゲスト出演で、徳角浩太郎さんが演じます。

さらに、他の漫画家アシスタントヒューマギア役で矢島八雲さんも出演します。

漫画家のアトリエの世界観をどのような演技で表現していくのかとても楽しみですね!

5話ゲストの漫画家を演じる勝也さんのプロフィール

5話ゲストの漫画家を演じる勝也さんのプロフィールを紹介していきます。

勝矢(かつや)さんは1975年5月8日生まれの44歳で、兵庫県出身です。

身長183cmと長身で、俳優、声優、演出家として映画やドラマ・舞台などで活躍しています。

舞台制作の独弾流GARAGARADON主宰でもあります。

22歳で上京し、アルバイトなどをしながら舞台などをやっている中で、映画監督の目に留まり、業界関係者とつながって行き俳優として活動するようになり、29歳の時の竹内力からの紹介で竹内の所属事務所に入りました。

テルマエ・ロマエ』(2012年)のマルクス・ピエトラス役で名前が知られるようになっていきました。

勝也さんのその他の活動や活躍

ここでは、勝也さんのその他の活動や活躍とアシスタントヒューマギア(森筆ジーペン)役の徳角浩太郎さん、アシスタントヒューマギア役の矢島八雲さんの活動についても紹介します。

勝也さんのその他の活躍ですが、テレビドラマでは、2004年に「陰陽少女」で 青池役で、2006年には「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー 」第6・9話で 権藤組長役で出演しました。

2011年には「ろくでなしブルース」に 赤城肇役で、2012年と2018年に相棒にも出演しています。

2014年には「信長協奏曲」第4話に 蜂須賀小六役で出演し、2017年に「警視庁いきもの係」で青木益男として出演しています。

近年では、2018年に「今日から俺は」第6話に 剛田役で、2019年には「みかづき」に勝見正明役で、同年に「執事西園寺の名推理」に岩木剛夫で出演しています。

映画での出演も多く、2009年に「クローズzeroⅡ」、「静かなるドン 新章」に出演しています。

2011年には、「あしたのジョー」で 西寛一(マンモス西)役で、2012年「テルマエ・ロマエ」でマルクス・ピエトラス役で出演し、同作続編「テルマエ・ロマエⅡ」のも出演しました。

近年では、2017年に「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に村居役で、2018年には、「50回目のファーストキス」に味方和彦役で出演しました。

ミュージックビデオにも出演していて、2014年に乃木坂46の『何度目の青空か?』で高校教員 役で出演しています。

舞台出演もしていて、近年では2018年「背中をみせて」で演出も兼任で出演しています。

経験豊富で多方面での活躍をしているのが勝矢さんです。

アシスタントヒューマギア(森筆ジーペン)役で出演する徳角浩太郎さんは1988年 10月 4日生まれで大阪府出身です。

映画での出演では、「それは悲しくて懐かしい感覚」・「 死ぬまで歳などとらない」・「 mosquitone」・「マシュマロ×ぺいん」ではいずれも主演として出演しています。

矢島八雲さんは、麗タレントプロモーション所属で俳優 モデルとして活動しています。

1990年12月20日生まれで長野県、ポーランド出身です。

FM放送NACK5『MAGICAL SNOWLAND』にレギュラー出演しています。

まとめ

今回は、「仮面ライダーゼロワン5話ゲストの漫画家は誰?」について紹介していきました。

漫画家(石墨)役も勝矢さん、アシスタントヒューマギア(森筆ジーペン)役の徳角浩太郎さん、アシスタントヒューマギア役の矢島八雲さんの仮面ライダーゼロワン5話での演技も注目ですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする