相棒season17 第2話 ボディ~二重の罠のネタバレと感想

スポンサーリンク

相棒season17 第2話 ボディ~二重の罠のネタバレを紹介します。

怒る冨貴江に甲斐は申し訳ないと謝ります。
そこへ鋼太郎から「家に右京達が来ている」と連絡がありました。
右京達は飾られた絵画について祥と話します。それはがっつりと組み合った馬とジャガーの絵でした。
謝罪に来たのにまるで悪びれた様子のない右京の言動に鋼太郎は苛立ちます。
甲斐は冨貴江にかかってきた電話の表示が鐵太郎であったことを右京達に伝えます。
右京と亘は鐵太郎の携帯に電話をかけてみます。もちろん鋼太郎は出ません。
冨貴江たちは、鐵太郎の携帯は遺体を安全な場所へ移す際に本人に戻してしまおうと話し合います。
そんな時冨貴江は自分の不倫が楓子によって暴かれるかもしれないことを知ります。
楓子は冨貴江に、不倫の件を記事にしない代わりに取引を持ち掛けます。
後日、警察が鬼束邸を破壊した件が週刊フォトスに面白おかしく書かれていました。
右京は懲戒処分にこそなりませんでしたが、自分から辞表を書くことを約束させられます。
勝負は冨貴江に軍配が上がったかに思われました。
鬼束邸では再び離れの建築が始まろうとしています。
そこへ、このタイミングを待っていた、と右京達が現れます。
鋼太郎たちの目の前で、基礎部分から鐵太郎の遺体が発見されるのでした。
警察の聴取を受ける富貴恵は鋼太郎と祥が鐵太郎を殺したのは冨貴江だと証言していると知らされます。
鐵太郎の死因は鋼太郎の供述通り、窒息死でした。冨貴江は驚きます。
冨貴江は公安委員長の槍鞍を頼って警察を出ます。そして甲斐からは右京と亘が再び派遣されました。
右京達は楓子から、鋼太郎と祥は出来ているのだと教えられます。
鬼束邸に関係者たちが揃いました。
右京は祥に向かい、鐵太郎を殺したのはあなただと言います。
鐵太郎の遺体を調べた結果、そこにあらいぐまの血が付着していたのです。おそらくそれは撲殺偽装のための血糊であり、あらいぐまというのは以前祥がこの家で飼っていた動物だったのです。
祥は金が自由にならないことで鐵太郎を恨んでいました。鋼太郎は祥を守るために冨貴江を巻き込んだのです。
連行されようとする時、鋼太郎は自分が犯人だと言い出しますが、聞き入れられませんでした。
その後、甲斐は冨貴江に面会に行きます。冨貴江に再チャレンジを勧める甲斐は、亨のことを思っていました。
衣笠は右京のクビが回避されたことを伝えに来ます。ですが提出された辞表はそのまま預かっておくと言い、右京に釘を刺すのでした。

相棒season17 第2話の感想

右京さんにも鋼太郎にも騙されました。
最初の捜索の失敗は冨貴江たちを誘い込む罠だったんですね。
もちろんクビになることはないだろうけどどうやって挽回するんだろう、と思っていたのでここから計画の内とは思いませんでした。
鋼太郎にもびっくりです。
できれば本当に妻の方に惚れていてくれた方が良かったけれど、祥のために自分が犯人になろうとするまで純愛だったとは驚きました。
そして富貴恵はいつか逞しく復活する姿が見たいキャラです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする