カレンポーリー(障害馬術)のスポンサーはエルメスやミキモト!馬具のブランドは? | happyhack

カレンポーリー(障害馬術)のスポンサーはエルメスやミキモト!馬具のブランドは?

スポンサーリンク

2020東京オリンピック出場を目指す、
障害馬術カレンポーリー選手!

競技のときはもちろん、
普段の姿もとってもおしゃれ!

この投稿をInstagramで見る

Kino

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿 –

ご本人はもちろん、
スポンサーも一流ブランド、

エルメスミキモト!

今回の記事では、
カレンポーリー選手のスポンサーについて、

そして、
エルメスミキモトとはどんな契約?
馬具ウエアについても

調べていきたいと思います。

カレンポーリー選手のプロフィールが気になる方、
こちらもどうぞ。
↓ ↓ ↓

カレンポーリー(障害馬術)のプロフィール&かわいい画像!学歴や親についても
東京オリンピック2020出場を目指す、 障害馬術のカレンポーリー選手! 現在のアジア選手の中で、世界ランキングはトップ! 20...
スポンサーリンク

カレンポーリー選手のスポンサーは?

カレンポーリー選手の一番のスポンサーは、
”木下グループ”

株式会社木下グループは、
スポーツ・芸術・文化活動の支援に熱心に取り組まれる
昭和31年創業の総合生活企業で、

”スターズ・オン・アイス”などの
世界最高峰のアイスショーのスポンサーであるように、

フィギュアスケート競技の支援をきっかけに、
”スポーツを通じて人々へ感動を与えたい”と、

様々な競技(卓球・サーフィン・スノボ・スケボ・競泳・馬術)のアスリートをサポート。

現在24名のアスリートが所属しています。

ふと思ったのですが、、、

カレンポーリー選手の愛馬”キノ”の名前、
もしかしたら・・・”木下(きのした)グループ”が由来?
(たまたま・・でしょうか?)
↓↓↓

エルメス”パートナーライダー”としてのカレン選手

カレンポーリー選手は、
エルメスの”パートナーライダー”に、

日本人として初めて選ばれた選手です。
(※2015年に日本国籍を取得)

今や、鞄やファッションアイテムまで
幅広く取り扱うエルメスですが、

もともとは、

1837年、
パリの馬具工房からスタート。

以来、長い間乗馬用品を追求し続ける、
馬術とは実に縁の深い企業なんですね。

https://www.hermes.com/jp/ja/equestrian/rider

エルメスの”パートナーライダー”は、現在20人。

2010年から、
シャンゼリゼ通りにあるグラン・パレで毎年開催されている、

馬の祭典”ソー・エルメス”で華麗な競技を行うほか、

(Saut(ソー)とはフランス語で”ジャンプ”という意味)

”パートナーライダー”の意見は、
エルメス製品のクオリティアップに大いに役立てられるそうです。

エルメスの馬具と、カレンポーリー選手の練習風景が紹介されてます。
↓↓↓

白いワンピ姿が素敵!
エルメスではないかと。
(右にいるのは妹のエリカさん)
↓↓↓

この投稿をInstagramで見る

Happy Birthday @ericapolle!!!! Very lucky to have a sister like you (juknow)

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿 –

ミキモト”ブランドアンバサダー”を務めるカレン選手

2018年より、
カレンポーリー選手は
ミキモトの”ブランドアンバサダー”を務められています。

パールのピアスが良くお似合い!
↓↓↓

ミキモトのショールームでしょうか。
立ち振る舞いも美しいですね。
↓↓↓

ミキモトの方々とも
和やかな雰囲気♪
↓↓↓

カレン選手の馬具やウエアのブランドは?

カレンポーリー選手の馬具乗馬ウエア
”エルメス”一式かと思われますが、

なんと馬具にパールがあしらわれています!

これはミキモトのパールとのコラボでしょうか。
ゴージャスです!!
↓↓↓

この投稿をInstagramで見る

Love love love Wingy’s pearl bonnet Thank you @official_mikimoto and @equstarbonnets!

Karen Polle(@karenpolle)がシェアした投稿 –

まとめ

カレンポーリー選手の
スポンサー、

エルメスのパートナーライダーとしての活躍、
ミキモトのブランドアンバサダーとしての活動、

馬具やウエアについて
みてまいりました。

今後もカレンポーリー選手の活躍、

そして
その高貴な装いも、

目が離せません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする