二階堂ふみ朝ドラ「エール」妻役は一般オーデションで!受けた理由が凄い | happyhack

二階堂ふみ朝ドラ「エール」妻役は一般オーデションで!受けた理由が凄い

スポンサーリンク

いよいよNHK朝ドラ”エール”がスタートしますね。

ヒロイン”音”役の”二階堂ふみさん”

今や、映画・ドラマ・CM・バラエティー番組まで
幅広く活躍されている若手演技派女優さんですが、

なんと今回の”音”役、
”一般オーディション”で選ばれたそう!

今回の記事では、

二階堂ふみさんが”一般オーディションを受けた理由”や、
”エール”妻役はどんなオーディションだったのか、
”一般オーディション”でのまわりの反応は?など

調べていきたいと思います。

(二階堂ふみさんのかわいいインスタ画像や、
これまでの出演映画などについてはこちらをどうぞ!)
↓↓↓

二階堂ふみ写真集&かわいいインスタ画像!出演映画や彼氏は?
2020年3月30日、NHK朝ドラ”エール”がスタートすると同時に、 主人公・古関裕一の妻”音”を演じる二階堂ふみさんの フォトブッ...
スポンサーリンク

二階堂ふみ”一般オーディション”を受けたのはなぜ?

応募書類には”直筆”でビッシリ志望動機を書き込み、

発声練習やボーカルレッスンも、
”自腹”で受けるほどの意気込みだったという二階堂ふみさん。

”どうしても(この役を)演じたい!”と思った理由には、

”戦前から戦中・戦後と悲しい時代”を経て、
明るい日本を作っていった人たちを

”役者として表現してみたかった”ということ、

さらには、

”沖縄戦を経験したおばあさまに見てもらいたい”という

”沖縄出身”の二階堂ふみさんならではの
格別な願いがあったようです。

そして、
”音”役のモデルとなった古関金子さんは、

妻は夫を支えて生きることが求められた時代にあっても、
詩や絵を創作したり、オペラ歌手を目指す、など

とても情熱的な女性!

いざ、歌手としてデビューしたものの、
レコードが売れずに契約金が減らされそうなピンチには、

会社に直談判するほどの行動力の持ち主!

”思い立ったら即行動”する性格だという二階堂ふみさん、
その役柄にも共感するところも大いにあったのでは?!

二階堂ふみ”エール”妻役・どんなオーディションだったの?

”エール”主人公の妻”音”役には、
ブレイクを夢見る新人女優2802名の応募が殺到!

正真正銘、ガチのオーディションだったそうです。

もちろん歌の審査もあり、

二階堂ふみさんは、
ドラマの主人公である古関さん作曲

”長崎の鐘”を歌ったそうです。

(こんな曲です)
↓↓↓

70年以上前にリリースされ、今も歌い継がれています。
(深く心に沁み入りますね)

なんといっても、
”娘が夢を実現するため家を出ていた後、母が一人歌を歌う”
という設定での、

二階堂ふみさんの熱演は、
”まさに放送してもいいくらい”だったそうで、

NHKの土屋勝裕チーフプロデューサーも思わず目を潤ませたとか。

気持ちを込めた歌声と渾身の演技で、
”音”役に選ばれた二階堂ふみさん!

ドラマの中でもその歌唱力、披露してくれることでしょう♪
ワクワクしますね。

二階堂ふみ”一般オーディション”まわりの反応は?

まず、制作サイドでは
二階堂ふみさんからの応募書類が届いたことに、

”本物か?”と大騒ぎになったそうです!

書類審査を通過し、
面接へと進むのですが、

顔を合わせたライバル(新人女優)たちもビックリ!

”日本アカデミー賞女優”である二階堂ふみさんが、
自分たちに交じって同じオーディションを受けるんですからね・・・

二階堂ふみさん、
オーディションで役が決まったと聞いたときは、

”嘘かと思った”そうですが、


ある意味、
一緒にオーディションを受けた女優さんたちのほうが、

”ウソか~”と思ったのでは?

まとめ

以上、

二階堂ふみさんが一般オーディションを受けた理由、
”エール”妻役オーディションや、まわりの反応について

みてまいりました。

NHK朝ドラって、

演じる女優(俳優)さんのイメージで脚本が描かれる、
キャスティング形式の(オーディションを行わない)作品と、

今回の”エール”のようなオーディション形式の作品、

両方の良さがあると思うんです。

二階堂ふみさんが、
”音”という女性をどう彩っていくのか、

それこそが、
オーディション形式で選ばれた女優さんのやりがいであり、
醍醐味だと思うのです。

二階堂ふみさん、
どうぞお体に気をつけて、

長丁場になる撮影、
乗り越えてください。

応援しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする