サントリー天然水のCMの女優は誰?女性の自然な表情や歌声がピッタリ

スポンサーリンク

こんにちは!うぇいです。

サントリー天然水の新CMが公開されました。

サントリー天然水『光も風もいただきます』篇 30秒CM / 宇多田ヒカル

静かな森の中、川のせせらぎが聞こえるという、とても癒されるCMです。バックパックを背負った女性は誰なのでしょうか?

この記事では
・バックパックを背負った女性は誰?
・女性のプロフィールやCMでの演技力・魅力
・CMや商品の感想

を紹介していきます!

サントリー天然水のCMでバックパックを背負った女性は誰?

サントリー天然水『光も風もいただきます』篇に出演していた女性は宇多田ヒカルさんです。

宇多田ヒカルさんはアメリカ合衆国ニューヨーク出身の37歳で、U3MUZIC所属。15歳で歌手としてデビューし、1stアルバム『First Love』は累計765万枚も売りあげ、日本国内の歴代アルバムセールス1位を叩き出した方です。現在でも数々の曲を出し続けてその圧倒的な歌唱力で聴く人を惹きつける、絶対的存在です。

サントリー天然水『光も風もいただきます』篇のCMを見てみる

早速CMを見ていきましょう!

サントリー天然水『光も風もいただきます』篇 30秒CM / 宇多田ヒカル

「人は、水と生きる。」というコピーがすごく生きているCMでしたね!。読書という哲学的な行為の末に水のイメージを見せるという手法に、悠久さが感じられます。
また、雄大な風景と、宇多田ヒカルさんの自然な表情や歌声が合っていて、見ていてとても心地よいCMでしたね。

サントリー天然水の印象や女優さんの演技力や魅力についての感想

40歳後半 男性 自営業
CMに出てくる風景と商品のイメージがマッチしててとても良いとおもいます。宇多田ヒカルさんはバックで流れる曲だけでなくCMの中でも出演されておりますがしばらく見ない間に前よりお綺麗ななったと感じます。

30代前半 専業主婦
静かな大自然を映し出していて、ほっとします。もっと長く見ていたいと思います。商品である天然水もこのような自然の中から作られていると思うと飲みたくなります。宇多田ヒカルさんの歌声に大自然の景色が合っています。

40代後半 会社員
宇多田ヒカルさんのプライベートを思わせる姿勢と大自然がうまく調和している。読書という哲学的な行為の末に水のイメージを見せるという手法に、神がかり的な悠久さを感じました。

40代前半 無職
大変良い印象を受けました。宇多田ヒカルさんの声が好きなので、BGMも、朗読の部分も、とても良かったです。スケールも壮大で見ていて気持ちが良いCMであると感じます。

50代前半 在宅ワーク
宇多田ヒカルさんも随分落ち着いた大人の女性になったなと思いました。これまでのイメージだとアウトドアというイメージが全くありませんでしたので、本格的な登山の装備をして山を歩いている姿が新鮮に映りました。

30代前半 会社員
日常の感じがいいです。あまり普段このように映像として出てくる事が少なくなった宇多田ヒカルさんですが、こんなふうにバックパックを背負っている姿を見ると親近感湧きます。

50代後半 自営業
山の背景が風光明媚で天然水のコマーシャルに合ってると思いました。宇多田ヒカルさん、久しぶりに見ましたが、今年37才のヒカルさんお若く見えます。お母様が他界したり、2度も離婚したりと波乱万丈でしたが、元気そうで安心しました。ヒカルさんが朗読している詩が気になって検索してみました。文体が難しくて聖書みたいですね。逍遙という言葉、初めて知り、一つ勉強になりました。

40代前半 フリーランス
サントリー天然水は良く購入します。とてもおいしい水だと思います。宇多田ヒカルさんは昔から好きで歌も良く聴きます。好感度は良いと思いますので、もっとCMなどにも出演してほしいです。

50代前半 男性 会社員
「人は、水と生きる。」というコピーがすごく生きています。宇多田ヒカルさんが、山を歩き、たき火の火をおこし、水に交わる映像は、天地人という言葉がぴったりなネイチャー系の番組を観ているようでした。

30代前半 フリーデザイナー
雄大な風景と、宇多田ヒカルさんの自然な表情、歌声がぴったりと合っていて、素敵な雰囲気のCMだと思いました。ただ、ナレーションが少し棒読みに聞こえたので、勿体ないと感じました。

まとめ

サントリー天然水『光も風もいただきます』篇に出演している女優さんは宇多田ヒカルさんでした。

そしてサントリー天然水や宇多田ヒカルさんの演技力・魅力についての感想も紹介してまいりました。

非常にリラックスのできる心地よいCMでしたね!
私も、疲れて水分補給をしたくなったら、このCMや宇多田ヒカルさんを思い出してサントリー天然水を買ってみようと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする