八木優希の性格や大学など経歴プロフィール!ドラマやCM&映画や子役時代のエピソードも!

スポンサーリンク

2001年、生後4ヶ月「仮面ライダーアギト」に出演し芸能界デビューを果たし、子役時代を経て、現在もドラマや映画などで活躍されている八木優希さん。

2020年2月に出演した「初対面トークショー!!内村カレンの相席どうですか」では、2008年にドラマ「薔薇のない花屋」で親子役を演じ、実の親子のように親密だった香取慎吾さんと12年ぶりに再開したエピソードが話題になりました!

今回は、

・八木優希さんの大学など経歴プロフィール

・八木優希さんの映画やドラマ、CM出演作品

・八木優希さんの性格や子役時代のエピソード

・八木優希さんのかわいいインスタ画像

についてまとめていきます!

八木優希さんの大学など経歴プロフィール

まずは、八木優希さんのプロフィールを見ていきましょう!

八木優希さんのプロフィール

生年月日:2000年10月16日
出身地:東京都
身長:152cm
趣味:読書、音楽鑑賞
特技:剣道
職業:女優
事務所:アミューズ
八木優希さんは、冒頭でもご紹介したように、生後4ヶ月で「仮面ライダーアギト」に出演し、芸能界デビューを果たしました!
その時の八木優希さんがこちらです!

この頃から目がクリクリで可愛いですね!

さらに、「仮面ライダーアギト」に出演することになったのは、“偶然”でした!

Q1.デビューのきっかけは?

赤ちゃんの時に兄の撮影現場に着いて行ったら、当初出演するはずだった赤ちゃんが体調不良になり、偶然スタッフさんの目に留まった私が出演しました。

なんと撮影当日に急遽出演が決まり、そのまま芸能界デビューしたので驚きですね!
さらに、八木優希さんは2001年、赤ちゃん役としてドラマ「長崎ぶらぶら節」連続テレビ小説「ちゅらさん」にも出演しました!
ちなみに、上記のインタビューからわかるように、八木優希さんのお兄さんも芸能活動をされていたそうです!
“八木布武希”という名前で子役として活動されていて、八木優希さんが2012年頃まで所属していたセントラル子供劇団に所属していたものの、現在はほとんど画像、動画や記事も残っていません
また、八木優希さんの特技は剣道趣味は読書や音楽鑑賞ということですが、特技や趣味も女優としての引き出しや可能性を広げるために頑張っているそうです!
普段から演技の他にも、好きなことは思いっきり楽しむようにしているんです。最近はギターを弾いたり、本を読んだり音楽を聴いたりっていうのが好きで。どの監督さんも、演技の勉強のためには映画を観たほうがいいって言っていますし、好きなことが増えれば、引き出しも増える。特技じゃなくても、趣味を増やすことも、きっとこの先、役に立つと思います!
引用元:Deview
いま、殺陣にとても興味があるんです。中学生のときに剣道をしていて、その経験を女優としての強みにしていきたいですし、これから弓道も習い始めます。それも自分の武器にできたら
引用元:フジテレビ
得意なことや趣味を仕事にどんどん生かしていこうとする姿勢が素晴らしく、仕事に対するひたむきさを感じますね!
そんな八木優希さんの学歴についてですが、現在大学に通っているそうです!
後ほど詳しくご紹介しますが、八木優希さんは、子役時代に親子役で共演した香取慎吾さんに、役名の“雫”“父ちゃんへ”という書き出しで毎年手紙を送っています
そこで大学入学を報告したというエピソードから、大学生だということが分かりました!
八木は雫として毎年香取に手紙を送っていた。「『父ちゃんへ』という手紙がドラマの中でもあるんですよ。それを未だに『父ちゃんへ』って、この間は『父ちゃんへ 雫は大学生になりました』って、えー! って思って」と香取は八木との手紙のやり取りを明かした。
八木優希さんの通っている大学、出身高校は公表されていませんが、高校は堀越高校で、芸能人が多く在籍してきた「トレイトコース」だと思われます!

トレイトコースについての文章を書いていらっしゃったので、おそらく堀越高校でしょう!

そして、出身中学校が新宿区立落合第二中学校であることもわかりますね!

大学では人の気持ちを理解して役作りに生かそうと、心理学を学びたい、と書かれています!
↓↓八木優希さんが高校を卒業した2019年の堀越高校の進学実績がこちらです!
ここから、首都圏で心理学が学べる大学を抜粋すると、
跡見学園女子大学、桜美林大学、江戸川大学、神奈川大学、川村学園女子大学、杏林大学、慶應義塾大学、恵泉女学園大学、国士舘大学、駒澤大学、駒澤女子大学、駒澤女子短期大学、埼玉学園大学、相模女子大学、産業能率大学、実践女子大学、十文字学園女子大学、淑徳大学、松蔭大学、駿河台大学、聖学院大学、聖徳大学、西武文理大学、専修大学、大正大学、高千穂大学、玉川大学、多摩大学、帝京大学、帝京平成大学、田園調布学園大学、東海大学、東京家政大学、東京国際大学、東京福祉大学、東京未来大学、東洋大学、東洋学園大学、日本大学、文化学園大学、文京学院大学、明治学院大学、明星大学、目白大学、立正大学、東京成徳短期大学、和光大学
のどれかだと分かりました!
中でも、専修大学ではないか、という噂がありますが、実際に目撃情報などがある訳ではないので噂に過ぎません。
八木優希さんが通っている大学名は分かりませんでしたが、大学で仕事に生かすために心理学を学ぼうとしている所にも“プロ意識”が感じられますね!

八木優希さんの映画やドラマ、CM出演作品

八木優希さんの主な映画やドラマ、CM出演作品をご紹介します!

映画

・アイネクライネナハトムジーク(2019年)亜美子役

引用元:映画「アイネクライネナハトムジーク」公式サイト

三浦春馬さん、多部未華子さん主演の10年越しの恋の物語。三浦春馬さん演じる「劇的な出会い」を待ちわびる主人公に「出会いの大切さ」を説く友人の娘の友達を演じています!

ドラマ

・「薔薇のない花屋」(2008年)汐見雫役

Bara No Nai Hanaya ep06 Pt

母親を亡くし、香取慎吾さん演じる主人公の子供として8年間育てられている女の子を演じています。

血の繋がっていない親子の物語で、とても感動的でした!

この作品で、2008年『ザテレビジョン』第56回ドラマアカデミー賞ザテレビジョン特別賞を受賞しました!

・連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)夏井優子役

連続テレビ小説 ひよっこ 乙女寮編

有村架純さん演じるヒロイン・谷田部みね子が出稼ぎのため東京に行った父の失踪をきっかけに働くトランジスタラジオ工場の病弱な先輩役を演じました。

女子寮での様子はとても楽しそうで、仲良くひたむきに頑張る姿が素敵でした!

CM

・味の素 エビ寄せフライCM

味の素 エビ寄せフライ 香取慎吾 八木優希 CM

ここでも香取慎吾さんと共演されています!とても楽しそうで可愛いですね!

八木優希さんの性格や子役時代のエピソード

八木優希さんの性格を、子役時代のエピソードから見ていきましょう!
まず、八木優希さんは自身の性格についてこのように話していました!
私が演じた亜美子は、すごく素直で、思ったことを口にしてしまう女子高生なんですが、私も思わず「言っちゃった・・・」って後から反省することが多いんですよね(笑)
引用元:MOVIE HIGHWAY
思ったことを素直に言う、積極的なタイプのようです!
ただ、時々口を滑らせてしまうこともあるようですが…
ここからはエピソードをもとに、八木優希さんの性格を考えていきたいと思います!
2011年、八木優希さんが11歳の時出演した映画「しあわせのパン」三島由紀子監督は八木優希さんについてこのように話していました!
じっとまっすぐとこちらを見る目、そして一言も聞き漏らさないという集中力が
尋常ではありませんでした。
そのするどく、ともすると冷たいまっすぐな目を見た時、とても大切なその役(光石研さんの娘役)
をやっていただきたいと思いました。撮影現場では、
空き時間に観光にも行かず、
「集中する」と言って台本を読んでいた優希ちゃん。
私が何か言うと顔を近づけてきて、一言一句聞き漏らさないという真摯な目で
聞いていた優希ちゃん。
カットをかけてもしばらくは役から戻らない優希ちゃん。
自分の出番が終わっても、別の役者さんのお芝居をじっと見ている優希ちゃん。
草原ですぐに四葉のクローバーを探し当てた優希ちゃん。
集中力が素晴らしく、仕事に対する熱意が11歳の頃から強かったことが伺えますね!
また、有名なのが、香取慎吾さんとのエピソード。
香取慎吾さんと八木優希さんは2008年にドラマ「薔薇のない花屋」親子役で共演。
実の親子のように親しくなったようで、当時のインタビューで八木優希さんはこのように話していました!

Q.英治役の香取慎吾さんの印象は?

「私、あまりテレビを見ていなかったので、どんな人か分からなかったんです。学校のお友達は、みんな香取さんを知っていたので”すごいね”とかって言われたんですけど(笑)。だけど、会ってみたら、本当にすごくいい人でした。何度か話しているうちに、仲良くなりました。収録の合間には、トランプマジックも教えてくれて。すごいマジックだったから、お家で家族に見せようとしたら、失敗してネタがバレちゃった(笑)。」

香取慎吾さんは当時8歳だった八木優希さんにトランプのマジックを教えるなど、とても可愛がっていたことがわかりますね!
↓↓当時の写真がこちらです!

八木優希さんが完全に香取慎吾さんに懐いています!

八木優希さんは共演から11年経った2019年9月のインタビューでも“今、一番会いたい人”に香取慎吾さんを挙げています!

Q10.今、一番会いたい人(憧れ・尊敬している人)

香取慎吾さん

そして2020年2月、八木優希さんの願いが叶います!
香取慎吾さんが「今、一番会いたい人」と対面する企画の予告で、香取慎吾さんが会いたいのは“10年文通していた女優Y”だと予告されました!

それが八木優希さんで、お二人は12年ぶりに再開!
香取と八木は、2008年放送のドラマ『薔薇のない花屋』(フジテレビ系)にて共演。血の繋がらない親子の絆を描くドラマで、2人は親子のような間柄を演じていた。香取と八木は10年ぶりに再会。香取の姿を見るや否や涙を流す八木に、香取は「雫! 大きくなった」と役名で呼びかける。涙が止まらない八木を香取が抱きしめ、「会えたね」とささやいた。
八木は雫として毎年香取に手紙を送っていた。「『父ちゃんへ』という手紙がドラマの中でもあるんですよ。それを未だに『父ちゃんへ』って、この間は『父ちゃんへ 雫は大学生になりました』って、えー! って思って」と香取は八木との手紙のやり取りを明かした。
八木は香取から送られてきた手紙を持参。スポンジ・ボブのシールが貼られた手紙に香取は恥ずかしそうに「いいよ! そんなの!」と声を上げる。2015年に送られたその手紙の最後には、「また一緒にお仕事出来る日を楽しみにしています」と綴られていた。
今回八木は「父ちゃんへ」から始まる手紙を新たにしたため香取の前で音読した。そこには大学に通う中で将来に悩み、それでも「もう一度父ちゃんとお仕事したい」という思いから女優の道を続けてきたこと、「いつかは自分の力でお仕事をもらって、父ちゃんと共演がしたい」と記されていた。八木の思いを聞いて、香取は「今日会えて嬉しいですけど、僕もいつの日か、またお芝居でご一緒できるように、僕も頑張らないとなと思いますね。嬉しいですよ」と清々しい顔で初心を思い出しているようだった。
引用元:Real Sound
この時の八木優希さんの涙、香取慎吾さんとまた共演できるように頑張ってきたという、八木優希さんの真っ直ぐさがとても感動的でした!
「大きくなったね」と声をかける香取慎吾さんはまさにお父さんのようでしたね!
ここから、八木優希さんは仕事に対して小さな頃から一生懸命で、思ったことを素直に言葉にしたり表情に表す方なのだ、と分かりました!
またお二人の共演が見られるのを期待したいですね!

八木優希さんのかわいいインスタ画像

八木優希さんご本人のインスタグラムはないので、#八木優希のインスタ投稿からかわいい画像をまとめました!

↓↓大人っぽい髪型ですが、少し垂れ目なのがかわいいですね!

この投稿をInstagramで見る

ゆちゃ(@yuchiya5)がシェアした投稿

↓↓話題になった香取慎吾さんとの再開!香取慎吾さんのコメントに愛を感じます!

この投稿をInstagramで見る

香取慎吾(@katorishingo_official)がシェアした投稿

↓↓舞台「思い出すならAnotime」で共演した久住小春さんとのツーショット!お二人とも可愛いですね!

この投稿をInstagramで見る

久住 小春/Koharu Kusumi(@koharu_kusumi.official)がシェアした投稿

↓↓2019年の映画「アイネクライネナハトムジーク」で共演した恒松祐里さん荻原利久さんと!

この投稿をInstagramで見る

恒松祐里(@yuri_tune)がシェアした投稿

↓↓小島藤子さん、永山たかしさんと。笑顔がとっても可愛いですね!

この投稿をInstagramで見る

小島藤子(@fujisan1216)がシェアした投稿

まとめ

今回は、

・八木優希さんの大学など経歴プロフィール

・八木優希さんの映画やドラマ、CM出演作品

・八木優希さんの性格や子役時代のエピソード

・八木優希さんのかわいいインスタ画像

についてご紹介しました!

八木優希さんは、生後4ヶ月の赤ちゃんの時、子役として活動されていたお兄さんの撮影現場に来ていた所、出演予定の赤ちゃんが出られなくなり、たまたま「仮面ライダーアギト」に出演して、芸能界デビューを果たしました!

デビューのきっかけが偶然だったものの、八木優希さんの仕事に対する熱意、集中力は類稀で、趣味の読書や音楽鑑賞、特技の剣道も仕事に生かしたいと考えているようです!

また、現在通っている大学名は分かりませんでしたが、堀越高校で熱心に勉強し、進学した大学で女優業に生かすために心理学を学んでいるということです!

八木優希さんが女優業をここまで頑張って来られた理由の一つに、8歳で共演し、慕っている香取慎吾さんとまた共演したい、という思いがあったという素敵なエピソードもありました!

香取慎吾さんとの共演がまた見られることを期待しつつ、八木優希さんが子役時代から大人になった魅力を見られることを楽しみにしたいですね!

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする