部分日食2019年1月6日の午前中に観測、撮影出来る場所や時間は?

スポンサーリンク

2019年の部分日食は1月6日の午前中に起こるそうです。
今回の部分日食は2016年3月9日以来、約3年ぶりとのことです。
2018年には起きなかったんですね。


出典:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台

天気が良ければ日本全国で観測できるそうですが、1月6日は曇りの予報が出ている場所や時間帯もあります。

部分日食が観測できる場所はどこでしょうか?
記念に写真撮影をしたいですよね。

ということで、
・部分日食2019が観測できる場所
・次回部分日食を見れるのはいつ?
・部分日食ってどんな現象?
について調べてみました。

スポンサーリンク

部分日食2019が観測できる場所

2019年1月6日は、北海道から東北の太平洋側と関東、東海、近畿、四国、九州南部は雲が多めながらも晴れの出る時間があるという天気予報が出ています。

一方、日本海側は断続的に雪や雨予報ですね。

部分日食を観察するなら太平洋側ということになります。


全国的に午前8時40分頃に部分日食を見ることが出来るようですね!

ちなみに、東京では午前8時43分に部分日食が始まり、最大になるのは10時06分、終わるのは11時36分と予報が出ています。

予想気温は5℃と低いですから防寒対策は完璧にしてお出かけください!
それと、太陽を直接見るのは危険です。

スポンサーリンク

–追記–
2019年1月6日 AM10:20分の部分日食です。
今、最大ですね!全部隠れています。


次回部分日食を見れるのはいつ?

次回の部分日食は2019年12月26日だそうです。
グアムでは金環日食になると予報です。ぜひグアムから金環日食を見てみたいですね。
直前の部分日食や天気予報の情報が入り次第追記していきますね。

部分日食ってどんな現象?

日食とは月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

横切ることで重なってしまうんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする