大鹿村・山塩の通販情報!山塩館&パワースポットゼロ磁場についても

スポンサーリンク

海から遠く離れた標高750mの山の上にある長野県大鹿村で、
湧き出てくる塩水から作られる”山塩”

100リットルの塩泉を一日半じっくり煮詰めて、
出来るのはたったの30グラムという

大量生産出来ない、貴重な塩!

テレビ朝日”ごはんジャパン”でも紹介されました。
↓↓↓

今回の記事では、
長野県大鹿村の山塩について、

販売&通販情報や、
製塩所のある山塩館&山塩のおいしい料理、

さらに、
大鹿村のパワースポット”ゼロ磁場”についても

調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

大鹿村・山塩の販売&通販は?

大鹿村の山塩、
販売している場所は、

製塩所のある温泉宿”山塩館”と、

”塩の里特産品直売所”の2軒のみ!

一人1袋(50グラム・550円)限定の
まさに”幻のお塩”

山塩はもちろん、

”塩の里特産品直売所”には、
目移りしてしまうものがたくさん笑

(ちょっとだけ脱線してご紹介)

大鹿の魅力いっぱい、
”塩の里特産品直売所”へのアクセスはこちら。
↓↓↓
長野県下伊那郡大鹿村大字鹿塩364−1
電話&FAX:0265−39−2282
営業時間 9:00〜17:00
定休日 毎週火曜日

通販では、
株式会社大鹿里山市場”のサイト。
↓↓↓

�大鹿里山市場
南アルプスと歌舞伎の村!南信州大鹿村『塩の里直売所』 「日本で2番目に山奥の村」 山また山を越えたさき、南アルプスの麓にひっそりとある不思議な村。山道ぬけて一歩村に入ったなら、江戸の昔から村民に愛され続ける「大鹿歌舞伎」や標高750mの山奥に湧きでる幻の

”山塩は村内販売”と記載されてますので、
取り寄せは難しいかもしれませんが・・・

山塩を使った
甘さ控えめのようかん塩もなか、

大鹿村オススメの
鹿肉カレー鹿肉ミートソースのレトルトなど、

試してみたい大鹿の食材が揃ってます。

大鹿村・山塩館で食べられる”山塩がおいしい料理”は?

ミネラルが豊富で、

海水から作られる塩と比べて
”にがり”(苦み)が少ない”山塩”は、

ほんのり甘く、優しいお味

焼き魚てんぷら、お刺身、おにぎりなどと
相性抜群なんです。

”山塩製塩所”のある温泉宿
”山塩館”の献立をみていきましょう。

お豆腐もご飯も、
山塩だからこそ、美味しくいただけそう。
↓↓↓


イワナの塩焼きや、てんぷらを山塩で。
素材の味が引き立ちそう!
↓↓↓


名物、
いのしし&鹿のジビエ料理。
↓↓↓

(ちなみに、”ジビエ”とは、”天然の鳥獣の食肉”のこと)
温泉のお湯、飲めるんですね。
(だしの味?)
↓↓↓


塩造りの見学も出来る、
”山塩館”の宿泊プラン&アクセスはこちら。
↓↓↓

鹿塩の湯 湯元山塩館プラン一覧

〒399-3501
長野県下伊那郡大鹿村鹿塩631-2
電話:0265-39-1010
FAX:0265-39-2937

大鹿村・”分杭峠”とは?

何を隠そう、大鹿村って、
”日本三大パワースポット”のひとつなんですって!

その三つとは、

日本最高峰の富士山
石川県の聖域の岬

そして、
長野県大鹿村の”分杭峠(ぶんくいとうげ)”!

分杭峠(ぶんくいとうげ)は、

中国の気功師張志祥(ちょうししょう)氏によって発見された、
”ゼロ磁場”と呼ばれる場所。

日本最大・最長の断層上で、
2つの地層がバランス良くぶつかり合っている、

その状態が
強い”気”を集めているのだそう。


そんなパワースポット間近で
丁寧に作られる山塩も、

口に含むだけで、
神秘な力が身体に宿りそうですね。

分杭峠へのアクセスは、

峠を挟んだ伊那市の
観光協会公式ホームページをご覧ください。
↓↓↓

分杭峠 – 一般社団法人 伊那市観光協会 公式ホームページ

まとめ

大鹿村・山塩の販売&通販情報、
製塩所のある山塩館&おいしい料理、

大鹿村のパワースポット”分杭峠”について
みてまいりました。

普段の食卓で、
お醤油やお出汁で食べている豆腐やてんぷらも

大鹿村の山塩をちょこんとつけてみたら
格別な味わいに変化しそうです。

一度味わってみたいものですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする