れんこんの黒い筋や点・ブツブツはカビ?腐ってる?食べれるか検証 | happyhack

れんこんの黒い筋や点・ブツブツはカビ?腐ってる?食べれるか検証

スポンサーリンク

天ぷらや煮物にぴったりのれんこんですが、調理していると黒い点や筋があってカビているのか不安になりますよね。

今回は黒い斑点や筋ができているれんこんを食べても問題ないのか、食べても大丈夫なのか調べていきます。

この記事では、

・れんこんの切り口に黒い点と筋やブツブツ

・れんこんの切り口に黒い点と筋やブツブツの原因

・柔らかでブヨブヨだけど食べられる?

・れんこんが長持ちする保存方法

・れんこんの切り口に黒い点や筋とブツブツ!まとめ

を紹介していきます。

れんこんの切り口に黒い点やブツブツ

れんこんは花粉症に効果的と言われており、食物繊維やビタミンCも豊富な野菜です。

ベージュの色味で見た目も綺麗なれんこんですが、スーパーで購入すると切り口に黒い点やブツブツが出来ていることがあります。

カビてる?と不安になるかと思いますが、実はれんこんは黒い点ができていても食べることができるんです。

れんこんの切り口に黒い点と筋やブツブツの原因

れんこんに黒い点ができる原因は「ポリフェノール」です。

れんこんにはタンニンというポリフェノールの一種が含まれており、このポリフェノールが空気に触れて酸化することで黒く変色します。

これはりんごやじゃがいもが変色するのと同じ現象です。

また、このタンニンは鉄に触れると黒く変色する特徴も持っているので、鉄の包丁やフライパンに触れることでも黒く変色します。

黒く変色していても身体に害は無く、食べても全く問題はありません。

むしろこのタンニンが、花粉症にいいとされています。

ただ、穴に黒ずみがある場合は泥の可能性もあるのでお箸等細い道具を使ってしっかりと洗いましょう。

れんこんの黒い変色を抑えるには、酢水に漬けてアク抜きをしたり、水でこすり洗いをすると効果的です。

下ごしらえをしっかりすることで、れんこんのシャキッとした食感を楽しむこともできます。

柔らかでブヨブヨだけど食べられる?

れんこんがブヨブヨになっているのは鮮度が落ちている証拠です。

異臭がしたり、赤い変色や全体的に黒くなっている場合は食べるのを控えましょう。

れんこんが長持ちする保存方法

れんこんは日持ちしない野菜なので早めに食べた方がいいとされています。

また、購入するときにはカットされた切り口がなるべく小さくて、厚みのあるずっしりとしたものを選びましょう。

実は常温保存には向いていませんので、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

ですが、1番いいのは冷凍庫での保存です。

カットしてアク抜きしてからしっかり水気をきって冷凍保存するのが1番日保ちします。

れんこんの切り口に黒い点や筋とブツブツ!まとめ

れんこんは黒い点や筋があっても食べることが出来ます。

ただ、

・異臭がする

・赤く変色している

・皮まで全体が黒くなっている

・滑りが出ていて柔らかい

・白いフワフワしたカビが生えている

このような場合は腐ってますので、食べないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする