みかんの皮や中身が黒い点!カビで腐ってる?食べても大丈夫? | happyhack

みかんの皮や中身が黒い点!カビで腐ってる?食べても大丈夫?

スポンサーリンク

みんなに人気の果物みかんですが、皮や中身に黒い点がついていることがありますが、この黒い点はカビなのかと不安に思う方もいます。 

今回は黒い点があるみかんでも食べることが出来るのか、食べない方がいいのか調べていきます。 

この記事では、

・みかんの皮や中身に黒い点が!

・みかんの皮や中身に黒い点の原因

・柔らかでブヨブヨだけど食べられる?

・みかんが長持ちする保存方法

・みかんの皮や中身に黒い点!まとめ

を、紹介していきます。 

みかんの皮や中身に黒い点が!

寒い時期、こたつにぴったりのみかん。 栄養も豊富で人気の柑橘類です。 そんなみかんの皮に黒い点があって、カビてるのか不安になることがあると思います。 実はこの黒い点は無農薬で作られたみかんにできる場合がほとんどで、自然に育った証拠なんです。

みかんの皮や中身に黒い点の原因

みかんの皮の黒い点は大きく分けて「カンキツ黒点病」と「害虫」に分けられます。

カンキツ黒点病」は柑橘類に多く、雨が多いとかかりやすい病気です。 病気ときくと不安に思われるかもしれませんが、農薬や化学肥料を使わずにさいばいされたみかんにはカンキツ黒点病にかかることがほとんどです。 皮を剥けば中身は綺麗なので、もちろん食べることは可能です。

害虫」は主にアブラムシ、ヤノネカイガラムシ、カメノコカイガラムシが原因になる場合が多く、これらの害虫はみかんの木に寄生し汁液を吸っています。 汁液を吸うことで皮が変色したり、ヤノネカイガラムシに関しては虫そのものがみかんの皮に黒い点としてはりつきます。 ブラシ等で洗うことでヤノネカイガラムシは取れます。 ただ、害虫が原因の場合は中身まで影響していることもあり、中身がスカスカになることもありますが食べても問題はありません。

中身が黒く変色している場合はカビの可能性が高いので食べるのは控えましょう。

柔らかでブヨブヨだけど食べられる?

みかんがブヨブヨになるほとんどの原因は外傷です。 外傷が原因で中身に傷がつくと、そこから果汁が漏れてブヨブヨになります。 食べても問題はありませんが、皮までブヨブヨになっていたりしわしわになっている場合は腐っていますので食べないようにしましょう。

みかんが長持ちする方法

みかんはみかん同士の圧力で腐る場合がほとんどです。 段ボールやビニール袋に入れたままだと傷みが早まりますので、通気性のいいものに入れ替えて風通しがよく日の当たらない場所で保存しましょう。 おいしく食べる目安は購入から1週間ほどです。

みかんの皮や中身に黒い点!まとめ

皮だけに黒い点がある場合は食べることができます。

・中身まで黒くなっているもの

・皮がしわしわ、ブヨブヨしている

・皮の表面から汁が出ている

・異臭がする

・青や白に変色している

このような場合は腐っていますので、食べないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする