アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶ!カビで腐ってる?食べても大丈夫? | happyhack

アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶ!カビで腐ってる?食べても大丈夫?

スポンサーリンク

女性に人気のアボカドですが、見た目から新鮮なのか腐っているのか判断が難しいですよね。 スーパーから買って帰って包丁を入れると中に黒い点や筋があって食べれるの?と不安になった方も多いはずです。 今回はそんなアボカドに黒い斑点や筋や茶色いつぶつぶがあっても食べることが出来るのか調べていきます。

この記事では、

・アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶ

・アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶの原因

・柔らかでブヨブヨだけど食べられる?

・アボカドが長持ちするほぞろの方法

・アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶ!まとめ

を紹介していきます。

アボカドにの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶ

アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど栄養価が高く脂肪分が含まれているのが特徴で、女性を中心に人気のある果物です。 サラダやおつまみにぴったりなアボカドですが、見た目からは腐っているか腐ってるいないのか判断が難しい果物ですよね。 いざカットしてみると中に黒い点や筋が入っていてがっかりすることもあると思いますが、実は果肉自体が黄緑色であれば食べても問題ないんです。

アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶの原因

黒くなる原因は、ずばり「ポリフェノール」です。 アボカドの中心には種子があり、種子に栄養素や水分を運ぶパイプの役割をしている維管束が存在します。 この維管束に含まれるポリフェノールと酵素が空気に触れることで酸化し、メラニン色素を作り出すことで黒に変色するのです。 これはりんごやバナナが変色するのと同じ原理です。 カビではないので食べることは出来るのですが、風味は落ちてしまっているので気になる方は裏ごしして取り除くことをおすすめします。

柔らかでブヨブヨだけど食べられる?

ほどよく柔らかな感触のアボカドですが、ブヨブヨで柔らかすぎたり、実が崩れするほど柔らかいのは腐っている証拠です。 食べないほうがいいでしょう。

アボカドが長持ちする保存方法

アボカドは熱帯フルーツなので、18度から24度の常温で保存するのがいいとされています。 常温保存であれば2日から3日日保ちしますが、もし購入した段階で皮が黒くなっている場合はその日のうちに食べる必要があります。 カットしている場合は、レモン汁をかけてラップで包み、冷凍保存がおすすめです。

アボカドの切り口に黒い点と筋や茶色のつぶつぶ!まとめ

アボカドに黒い点や筋、茶色のつぶつぶがあっても食べても問題ありません。

・ツンとした臭いやすっぱい臭いがする

・実が崩れるほど柔らかい

・全体的に黒くなっている

・汁がでている

このような状態のものは腐っていますで、食べないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする