豚肉の保存方法と期間〜冷蔵の日持ち時間や冷凍の賞味期限と回答方法も | happyhack

豚肉の保存方法と期間〜冷蔵の日持ち時間や冷凍の賞味期限と回答方法も

スポンサーリンク

様々な料理で使う機会の多い豚肉
スーパーでは一度に大量に購入出来るので、小分けにして数日に分けて使う方も多いと思います。
今回はそんな豚肉の冷蔵の日持ち期間や冷凍の賞味期限と解凍方法等、正しい保存方法についてまとめていきます。

豚肉は冷蔵保存で何日日持ちする?

冷蔵庫で保存する場合、豚肉の種類によって日持ちする期間が変わります。
厚切り・ブロック 3日から4日
スライス・細切れ 2日
ひき肉 当日から1日
豚肉は空気に触れると酸化し、傷みやすくなります。
その為、空気に触れる面積が少ない厚切り肉等が最も長く日持ちし、空気に触れる面積が大きいひき肉が一番傷みやすいんです。

冷蔵保存方法と容器

豚肉は空気に触れる面積が多いほど痛みやすくなりますので、購入したその日のうちに空気に触れないようにしっかりとラップをし、ジップロック等の密閉袋に入れてチルド室で保存します。
その際、ドリップと呼ばれる豚肉の血のようなものがでている場合はキッチンペーパー等でしっかり拭き取ってください。
そのままにしておくと臭みの原因になります。

豚肉は冷凍保存で何日日持ちする?

豚肉は冷凍保存で1ヶ月日持ちします。
ただ、ひき肉は空気に触れる面積が多いので2週間以内に食べるようにしましょう。

冷凍保存方法と容器

冷凍保存の場合も冷蔵保存同様、購入したその日の内にラップをして密閉してください。
使いやすいように小分けにしておくと解凍するときに便利です。
豚肉は冷凍に時間がかかってしまうと傷みやすくなります。
アルミやステンレス等の金属トレイに乗せて冷凍することで冷凍庫内の温度をより早く豚肉に伝えることができ、すばやく冷凍することが出来ます。

解凍方法

豚肉を解凍するときは流水で解凍するか、豚肉を使う前日に冷蔵庫に入れて解凍してください。
電子レンジを使ってしまうと、加熱にムラができてしまい、更に加熱しすぎると水分が減りパサパサになってしまうので注意が必要です。

豚肉が腐るとどうなる?見分け方

・灰色や緑色に変色している
・異臭がする
・ぬめりがでて糸をひいている
このような場合は残念ですが腐っていますので、食べないようにしましょう。

豚肉の保存方法まとめ

今回は豚肉の正しい保存方法についてまとめました。
できるだけ豚肉を長持ちさせる為に、ドリップのでていない鮮やかなピンク色をした新鮮な豚肉を選ぶように心掛けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする